2015/4/28 火曜日

フリーズドライといやいや塩パン

Filed under: オーナー日記 — Tanaka @ 7:54:24

どうも、お元気様です。

先日からもろもろの対応の中で一番は、糀酵母のフリーズドライ。(画期的かも)

今回の凍結温度が-60℃ということでいささかの心配はありましたが、若干の発酵力の弱さが見受けられました。

以前、テレビで知床の極寒の中で土地が-30℃にならないと春先の作物の植え付けに農薬などの薬が必要になるとか。

-30℃以下になると土の中の細菌などの菌郡が死ぬため、極自然な農業ができるそうです。

その影響も今回のフリーズドライで見受けられたのかも。(グリセリンを使えば簡単だが、次回は-30℃で対応)

この企画が成功すれば、日本だけではなく世界でにほんのパンが対応できます。(日本食ブームに乗っかるか)

夢が広がる仕事は、面白い。

では、野菜糀種のフリーズドライをどうぞ。

dsc_1294.jpg

味噌汁になりそうな感じで、乾燥前の水分を加えた状態。

dsc_1299.jpg

粉を入れて、元種つくりの開始。

dsc_1300.jpg

これは、ヨーグルト糀のフリーズドライに水分を加えた状態。

dsc_1309.jpg

まち場のパン屋で流行っていることは、極力したくないのだが、ヨーグルト糀種で作ってみる。(お客さんの要望もあり)

dsc_1290.jpg

ゴールデンウィーク限定ということで、いかがでしょう?

カレーもいろいろ揃えましたが、甲殻類のカレーを一品加えたい。

dsc_1325.jpg

熊本産の芝海老を使ったビスクカレー。(日本人は海老が好きだから)

オマールほどの濃厚さはないが、しっかり海老の味が生きてます。

今回もここらへんで。

ではでは。

2015/4/20 月曜日

お魚シリーズ

Filed under: オーナー日記 — Tanaka @ 10:39:38

どうも、お元気様です。

いろいろと調整する中で、一番の肝心は焦らないこと。

おしろいもので、心静かに事を運べば自然とうまくいくもの。

周辺は前回のブログのようにいろいろと進めて、商品構成はじっくりと次ぎにつなげる為に調整中です。

いろいろとブログでもアップしてきましたが、最近は魚関係のものも必要な時代になっていると思います。

では、まずはアナゴのフライのバーガー。

dsc_1264.jpg

アナゴは、ローリエとコンソメなどで洋風に煮込んで衣を着けて揚げて、タルタルをかけてます。

次は蟹と魚肉のすり身のバーガー。

dsc_1267.jpg

カットすると、

dsc_1278.jpg

ブラックペッパーを利かた一品で、魚介関係は何でもあいますね。

さて、35年以上の歴史がある東京の認知度0%で京都では96%の『カルネ』。

京都の志津屋さんの一品です。(あまりパン屋さんは回らないので知らなかった)

dsc_1272.jpg

極シンプルで、カイザーゼンメルとバター、ボンレスハム、オニオンスライスで最近ではペッパーカルネとかチーズカルネもあるとか。

※このカルネの意味は、フランス語で地下鉄の回数券の意味で、何度でも来てほしいからとか。(さすが関西人)

最後は、東京のホテルのブランチやアフタヌーンティーにも出てくる、エクレアサンド。

dsc_1273.jpg

この写真は、いささか手抜き感があるな。

今回もここらへんで。

ではでは。

2015/4/14 火曜日

異国の鉄輪温泉。

Filed under: オーナー日記 — Tanaka @ 8:35:15

どうも、お元気様です。

今回久々に温泉旅行、といっても必ずいろいろと絡めて行っています。

最近のLCCの関係もありますが、平日でも韓国の観光客の人が多いこと。(韓国人の温泉好きは知っていたが)

湯煙情緒のある中で、韓国語の会話が日本を忘れさせる一面でした。

とりあえず最初は、から揚げの聖地でもある中津でチキンハウスさんのから揚げ定食。

dsc_1212.jpg

聖地は、流行っていました。

黒田 官兵衛の中津城。

 dsc_1216.jpg

桜も残っていい感じ。しかし思ったより城が小さい?

さて、鉄輪温泉に到着。

dsc_1218.jpg

やっぱり地獄蒸しを堪能したいものです。

食事は地獄蒸し工房さんで自分で蒸していただきました。

dsc_1219.jpg

持ち込みの場合は300円で蒸してくれるとか。(持込がいいかも)

いたるところで、温泉の湯気が立ちあがり夏場は遠慮したいかな。

dsc_1223.jpg

嫁が地獄めぐりをしたことがないというので、赤池地獄。

dsc_1226.jpg

次は竜巻地獄で、時間が来ると吹き上がる規則正しい地獄(笑)

dsc_1228.jpg

30年前の修学旅行の時は、確か広い敷地にこの2つがあったと思ったが、時代は変わるものです。

見学を終えて、佐賀関のまさご屋食堂さんに迎い、薄焼きなどを購入。

dsc_1234.jpg

なんと2本入って260円。(焼きそばが入っている)

大分といえば鶏天。弁当にて。

dsc_1238.jpg

これは美味しかったし、次から次とお客さんが来て、中のおばあちゃんもてんてこ舞いか。

食事が終わり、大分市内へ戻り、ファブラボ大分へ。

ココでテゴちゃんを直径5センチで3Dプリント。

dsc_1239.jpg

テゴちゃんの全体をスキャンしてパソコンに取り込み、画像を自分で修正。

dsc_1243.jpg

プリントアウト。

dsc_1245.jpg

やっとらしくなってきた。

dsc_1248.jpg

約1時間でプリントアウト。余分なものは手でパキパキと取れました。(これで代金は160円)

これで、食品サンプルの店でシリコンで型を取ってもらい、キーホルダーができる。(量産も可)

大分の最後は、大麦やさんで大麦麺(カフェでのヌードルメニュー)を購入と商談などをして帰宅。

今週の休みは、久留米のふくおか食品開発センターにて、各種糀種のフリーズドライ。

これがフリーズドライの機械。(最新版とか)

dsc_1254.jpg

左から蕎麦玄米糀種、豆乳糀種、ヨーグルト糀種、野菜糀種で写真には載っていないが、金山寺糀種もあり。

dsc_1256.jpg

来週の引取りが楽しみです。

久留米といえば、中国家庭料理の『丁丁』さん。

dsc_1259.jpg

やさしい味が好きで、今回はチャーハンセットを注文。

dsc_1260.jpg

久ひざの会話は体の健康のことで、お互い年には勝てないものです。

ついでにレストランでココがおおすめ。

九州大学の糸島キャンパス内にあるイタリア料理店『イトリー・イト』。

90分のランチバイキングで、パスタかピザ(石釜)が選べます。

dsc_1203.jpg

dsc_1205.jpg

バイキングも野菜や豆なども豊富で、一見の価値は十分ありローケーションもいいですよ。(ぜひ)

たまに作っていた、スペルト小麦のパンの改良版で『スペルト75』です。

dsc_1208.jpg

グルテンの弱さを、自家製サワー種NEOで克服したライ麦25%とスペルト小麦75%のパンです。

小麦や乳、卵アレルギーの方にも良好です。(個人差はあると思います)

近くで今年も花見を堪能させていただき、来年までの楽しみです。

dsc_1211.jpg

今回もここら辺で。

ではでは。

HTML convert time: 0.326 sec. Powered by WordPress ME