2012/9/24 月曜日

しあわせのパン

Filed under: オーナー日記 — Tanaka @ 9:12:57

どうも、お元気様です。

今週のお彼岸までに、大正製法『法事菓子パン』を販売する予定でしたが、最終調整で納得がいかず、来年の春に持越しです。〔万能酵母はよかったが、その他の食材の調整が必要〕

ポップや看板まで用意をしていましたが、来年までの辛抱です。

しあわせのパンのロケ地で、こんなところでカフェができればと皆さん思う気持ちは一緒。

当店も、いろんな植物たちに囲まれていますが、あのロケーションには到底追いつけません。

※当店です。

dsc_5197.jpg

春と秋の剪定は大変ですが、季節を感じることのできるお店です。

以前は、カフェと思って入ってこられる方もあり。

では、メルマガメニューでスペインの牛肉煮込み料理のカルネメチャーダです。

※詳しくはメルマがにて。

dsc_5192.jpg

これをアレパサンド風にアレンジ。

dsc_5196.jpg

手前は、ベーグルです。

続いては、同メルマガでのアジアンチキン。〔ニューヨークチキン2012で、ベストチキンとか〕

※本来は骨付きもも肉のバーベキューですが、胸肉〔安い〕を食べやすくアレンジ。

dsc_5200.jpg

味的に、チャーシューの味と食感に似た濃い味の状態に仕上がりました。

最後に、辛し高菜とマヨネーズであえたB級サンド。〔北海道講座のブランチのひとつで〕

dsc_5209.jpg

確か沢庵を具にしたサンドもあり、上記もそうですが場所が変わればいろいろと面白いです。

※日本のどこかは、両方とも忘れましたが、内陸部でしょうね。

今回もここら辺で。

ではでは。

2012/9/20 木曜日

夏休み、久々の。

Filed under: オーナー日記 — Tanaka @ 12:01:14

どうも、お元気様です。

先週は北海道講座を終えて、夏休みを頂き北海道を半周回ってきました。

本来紅葉も楽しめるはずですが、最近の異常気象で最近では九州より気温が高い状態。

紅葉は、まだまだ先でした。

と、いうことでレンタカーを借りて、まずは余市へ。〔ニセコの上あたり〕

余市といえば、ニッカウヰスキーの工場。〔古いが趣がある〕

dsc_5093.jpg

伝統の看板。

dsc_5102.jpg

昔そのままのつくりで、いろいろと工場見学。

ここで、蒸留をします。薪は、樽の廃材やコークスにて。

dsc_5094.jpg

これがピートと呼ばれるコークス。

北海道の地下には、コークスが豊富で、水がよかった事でこの地が選ばれたとか。

dsc_5108.jpg

樽を作る現場です。いまだに手作業で、世界的に有名な樽作りの職人さんがいるそうで。

dsc_5096.jpg

工程図。

dsc_5100.jpg

このラインで、麦汁からもろみに変わります。

dsc_5098.jpg

箱庭みたいで、梅ちゃん先生のテーマソングに流れる画像みたいですね。

※予断ですが、あの作者はゴジラなどの撮影用建物を作っていた職人さんとか。

dsc_5106.jpg

ウイスキー作りのための小道具。

dsc_5105.jpg

ここには、北海道原種のりんごの木もあり、実は小さいです。

dsc_5109.jpg

なんとお隣には、宇宙記念館が。

dsc_5090.jpg

当然、余市出身の毛利衛さんの展示も。

dsc_5088.jpg

さて急いで、倶知安〔ぐっちゃん、という〕方面へ。

途中で、ニセコで有名なバーベキューレストランへ。

dsc_5115.jpg

ちょうどここから、蝦夷富士の羊蹄山見える予定が、、、。

dsc_5112.jpg

山にガスがかかっていましたね。

近くに、かわいいパン屋さんが。花の地蔵というパン屋さん。

dsc_5118.jpg

ほのぼのとして、懐かしい味でした。

さて、洞爺湖方面に入りました。〔意外と近い〕

dsc_5119.jpg

この時は、雨も止み洞爺湖がきれいでした。

dsc_5121.jpg

さて、『しあわせのパン』の舞台になった、パン工房ゴーシュさんです。

dsc_5125.jpg

この日は、臨時休業でした。〔←ショック〕

dsc_5123.jpg

ここからの洞爺湖のロケーションはこんな感じです。

dsc_5126.jpg

続いて、ザ・ウィンザーホテル洞爺の駐車場で、野生の狐がお出迎え。

dsc_5128.jpg

カメラ目線か。

dsc_5129.jpg

威厳のあるホテル。

dsc_5131.jpg

冬も、スキーでもローケーションが楽しめそう。

dsc_5133.jpg

dsc_5139.jpg

ここで、サミットの参加首相、大統領が記念写真を撮った場所。

dsc_5143.jpg

7月にオープンしたばかりのベーカリーショップ。

フランスからの1号店で『シュケット』が本場フランスで最高位だそうです。

dsc_5140.jpg

洞爺湖温泉観光協会に展示の『しあわせのパン』。

dsc_5151.jpg

dsc_5146.jpg

dsc_5147.jpg

dsc_5148.jpg

dsc_5144.jpg

dsc_5149.jpg

この日は、千歳に泊まり、翌日は大阪へ。

久々の関西国際空港です。

dsc_5153.jpg

dsc_5153.jpg

最初の目的地は、天王寺の通天閣。

約30年ぶりで、その当時は大阪人も立ち寄らない独特の空気がありました。

当時、一人で『ニッカポッカ』をはいて、この町を歩いてましたが、今から考えると怖いもの知らずかも。

dsc_5155.jpg

通天閣の上に昇るのに約40分も待つほどの大人気。

ここに串かつの由来などが。

dsc_5165.jpg

下に見えるのが、天王寺動物園。

dsc_5166.jpg

ミナミの守り神『ビリケン』さん。

dsc_5170.jpg

大正時代から昭和初期はこんな感じだったとか。

dsc_5172.jpg

商店街には、筋肉マンが。作者がこの近郊に住んでいて、家族と串かつを食べにきてたとか。

dsc_5157.jpg

商店街とジャンジャン横丁。〔三味線をジャンジャン鳴らすことが由来とか〕

dsc_5158.jpg

dsc_5161.jpg

本当は、串かつの『八重勝』に行きたかったのですが、ここも休みで『だるま』さんへ。

dsc_5160.jpg

2時くらいですが、出てからも行列は止みません。恐るべし新世界。

通天閣は、博多タワーと兄弟分とのこと。

こちらは、100年の歴史が。〔2代目ですが〕

dsc_5164.jpg

続いて、手捏ね.Jpの生徒さんだった、裏番長こと奈良さんのお店に。

dsc_5175.jpg

かわいらしいお店で、ボチボチやっておられ、話に花が咲きました。

dsc_5173.jpg

今回は、札幌から大阪経由して福岡で、一人6000円前後とこれからもLCCにはお世話になりそう。

dsc_5176.jpg

福岡空港で、外を歩いて空港に入るのも初めてですが。

さて、北海道の農産物。〔重かったけど、安い〕

dsc_5178.jpg

インカのめざめやトマトピーマン、青にんじんなどしっかりと野菜の味がしました。

これは、同じ週の波牟道の初級講座でのブランチ。

dsc_5188.jpg

奥のガラス瓶に入っているのは、山わさびです。

※ちなみにサラダのドレッシングは山わさびとチーズのドレッシングでした。

今回もここら辺で。

ではでは。

2012/9/3 月曜日

法事菓子パン

Filed under: オーナー日記 — Tanaka @ 8:28:23

どうも、お元気様です。

すっかり朝晩は、秋らしくなって過ごしやすくなりました。

去年より涼しくなるのが早い気がしますが、ひょっとして今年は冷え込みが厳しいかも。

では、タイトルの『法事菓子パン』が90パーセントくらい完成したので、お披露目。〔パッケージも考えなくては〕

dsc_5073.jpg

九州の法事菓子のマルボーロと大正製法で出雲地方の法事パンとの組み合わせた法事菓子パンです。

マルボーロとあんぱんが合うのは偶然で、和風メロンパンみたいな感じ。

大正製法〔天然酵母〕でパンも日持ちがするので、お彼岸や法要に販路を広げる予定です。

リールジャムの『法事菓子パン』で。

さて、続いてメルマガメニューで『フルフルチキン』。

dsc_5080.jpg

ハワイのバーベキューチキンです。〔次回のメルマガですが、なんか違うような〕

次は創作のタンドリーチキンの鶏天です。〔タンドルで焼いてないので、タンドリーと言わないけど、旨い〕

dsc_5043.jpg

いろいろとチャレンジャーでクリスピーピザ生地で、自家製餃子の具をつめて揚げました。

dsc_5078.jpg

パリッとモチモチ感がありますが、やはり春巻きの皮が合うかも。

なぜ自家製餃子の具を作ったかというと、9月の札幌講座は、上級の万能酵母の講座が始まります。

福岡でもそうでしたが、万能酵母の最初は生地で水餃子も作ります。〔万能酵母生地で〕

今回の札幌は炊き餃子でいきますよ。〔北海道の生徒さんお楽しみに〕

今回も短めで。

ではでは。

HTML convert time: 0.347 sec. Powered by WordPress ME