2017/2/21 火曜日

健さんのいた、懐かしい時代。

Filed under: オーナー日記 — Tanaka @ 7:13:12

どうも、お元気様です。

仕事柄、いろいろな飲食店にお邪魔することが多いですが、ここ数年で出てくるものもそうだが残念なお店が増えたような。〔内装やオペレーション、メニューを参考にするために回っている〕

※当店もいえた立場ではないが、当たり前を当たり前に行っています。

特にスタッフを抱えているお店は検挙に出ています。

※人が不足→入った人も怒れない→最低限度の営業で入った人も成長できない→店の営業も面白くない→お客が離れる、ということでしょうか?〔最終的に人ですね〕

パン屋に関しても、技術を掘り下げたものより焼き立てメインなところや100円パンなど誰でも手伝えるパン屋が増えています。〔材料や具材も誰でも使える便利でいろいろ添加したものを利用で、グルテンフリーに拍車が〕

これは、職人の仕事ではなく作業。作業は仕事ではなく人も育たない。〔悲しい現実で、市場もそれで満足しているか?〕

コレでは、国は成長しないと思う。〔健全な肉体は、健全な精神から〕

こんなことから、健さんのいた時代が懐かしい。〔ちゃんと言える時代が。少々荒っぽいが〕

と、いうことで高倉健さんの追悼展へ。

dsc_0256.jpg

平日のリバーウォークの展示会場は、人が多く〔壮年の人たち〕最初あたりの任侠ものから『あなたへ』までを映像で見ることができました。〔健さんは、200本近く出演で任侠映画で1本30人くらい成敗するとして最終何人を成敗したのか?〕

僕は、『セーラー服と機関銃とか南極物語』あたりから見始めてファンになったので、あの寡黙な信・義な姿に惹かれます。〔映像上〕

いろいろロケ地回りをしたのもイイ思い出です。

では、今週の芸風。〔パンではないが、グルテンフリーを意識はしている〕

フォー〔ベトナムの米粉麺〕の牛そば。〔牛丼のそば風〕

dsc_0246.jpg

この牛肉とタマネギを使った、牛のかれーうどん。

dsc_0234.jpg

麺は、米粉と片栗粉の米粉うどん。

こちらは、牛のかれーフォー。

dsc_0239.jpg

このカレーには、そばつゆとマスカルポーネを入れた自家製和風カレー。〔通称飲むカレーとも言われているらしい〕

最後は、かき揚げカレーうどん。

dsc_0231.jpg

ありそうでなかった一品かも。〔かき揚げは、米粉と片栗粉〕

今回もここら辺で。〔初めてみる人は、パン屋のブログとは思わないかも〕

ではでは。

ps来週は、沈黙〔サイレント〕を見に行く予定。〔相当重いらしいが、心していってきます〕

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.315 sec. Powered by WordPress ME