2008/5/12 月曜日

やっと、自分らしいロハスな講習会?

Filed under: オーナー日記 — Tanaka @ 11:13:30

どうも、お元気様です。

昨日の福岡は寒さも感じられましたが、これから通年の気候になった時に暑さになれるのがこれまた大変ですね。当店のオーブン前の暑さからすると天国ですが。

昨日、手作りの手捏ねのパン講座上級(万能自家製天然酵母)講座を無事終えて、前回の悪夢から解放されました。〔詳しくは写真にて〕やっぱり、100番勝負万能酵母のが効いたみたいで、自分自身も相当な勉強になりました。

万能天然酵母のパン教室万能天然酵母の手捏ねパン教室万能天然酵母の手捏ねパン講習会万能天然酵母の手捏ねパン講習会

上級コースの天然酵母の講座は、佐賀の国産小麦と地元の食材、エゴマ油、特許出願予定の万能自家製天然酵母を使用しての講座になります。

ほんと、ロハスでしょ。ロハス【LOHAS】とは、Lifestyles Of Health And Sustainabilityの頭文字で、健康と環境によい生活と社会のあり方を追及。省エネやリサイクルを心がけ、自然治癒力を高めたりするなどがLOHAS的な暮らし方。ということです。使う食材や酵母もそうですが、やはり手作りで『手』で捏ねる手捏ねも最高です。

なぜかというと、

『手捏ね』をすることで愛が深まります。
『手捏ね』は指先などを良く動かすと
脳を刺激し鈍くなった神経細胞の動きを改善することが出来ます。
指先などを良く動かすと、
判断力や記憶力に関係する物質のアセチルコリンが、
脳を刺激し鈍くなった神経細胞の動きを改善することが出来ます。
そして積極性に関係する物質のノルアドレナリンなどが、
脳内の神経伝達が活性化します。

現在、若年痴呆症などが増えてますが、要因は食生活と生活習慣です。
字を書くことが少なくなったりなどのストレスですね。
手捏ねは、ストレス解消にもなります。

あと一つ、重要なことが。

それは、手捏ねをすることによる乳酸菌の添加。汗のことです。
昔のパン作りはエジプトで、6000年前に女性が足で踏んでパンを作る壁画があります。
人間、一番汗をかくところは「足の裏」です。(←深く想像しない様に)
汗は乳酸菌が(どれくらいの量の基準か忘れましたが)
10の6乗分の量を含んでてそれが、パンのうまみになるのです。
発酵と熟成のプロセスで、汗そのものではないです。
大手メーカーと個人店の配合は、そんなに差はありません。
手に触れる回数が多いか、少ないかです。
と、いうことで手の裏もしっかり汗をかくので手捏ねを推進しまーす。
原点だから。どうですか?

これからも手捏ねワールドで心身ともに健康になりましょう。酸味がでにくく、種継ぎの手間が簡単で発酵の時間が短い「万能自家製天然酵母のパン講座」上級の次回の初種は『自家製発芽玄米酵母』で畑は『さつまいも』です。お楽しみに。ではでは

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

HTML convert time: 8.364 sec. Powered by WordPress ME