2009/10/24 土曜日

予行練習。

Filed under: オーナー日記 — Tanaka @ 4:15:53

どうも、お元気様です。

 

この時期、東北地方の紅葉も見ごろで、明日からの北海道も楽しみです。〔ほとんど、とんぼ返りですが〕

日本の田園や四季の美しさは、日本を代表する『美』ですね。

これに見せられて、日本に在住する外国の方も多いようで。

北海道では、レモンマートル〔オーストラリアのハーブ〕の取り扱い店のクレイグ・パークヒルとも再会します。

彼はオーストラリア人で、北海道ではニセコの雪に惚れて、滞在するオーストラリア、ニュージーランド人が多いとか。

北海道では、彼らを総称して『オージー』と呼ぶそうで、僕はどうしても『オージービーフ』をイメージしてしまい、
慣れるまで時間がかかりそう。笑

今回の北海道での講座は、ポーリッシュ法の手捏ねのバケットとニーダーを使用したバケット・アラシェンヌ〔特殊な〕です。

手捏ねの方は大丈夫ですが、ニーダーはかなり久しぶりなので予行練習を。

ただこの機械は、スイートロール系〔油脂などが入る〕などはいいのですが、加水〔バフェット〕の多いシンプルな配合は、
ちょっとしたコツが必要。

どうしても生地が上に上がるので、途中に固めのゴムベラで生地を抑えるようにして回さないと、生地のバランスが取れにくいのと、
生地の捏ね上げ温度が上がりやすいです。

機種によって様々ですが、ここは手捏ねで培った『感』が役立ちます。

手は、第二の脳ともいわれ、人間の思考の3割くらいを『手』で考え判断します。〔痴呆防止にも役立つ〕

手を使うことが昔と比べ、使用が減っていますが、減った分だけ『直感力』も減ります。

この直観力は第六感にも通じますが、勘というのは使わなければ錆びてしまうもの。

しっかり、手を使う生活を増やして、豊かな暮らしを築きましょう。〔手捏ねで〕

 

ではでは。

 

 

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.292 sec. Powered by WordPress ME